幸せな人生・サクセスフルエイジング宣言

サクセスフルエイジングについては、いろんな研究がすすめられているが、
その標準的な概念としては、高齢化しつつある比較的に豊かな社会の”いま”の中から、
生まれて来た概念で。
「幸せな老い」や「生きがいのある人生づくり」というような現状を
前向きに肯定しようとする考え方が主流にあるように思う。

もう少し、理屈ぽく言うなら、
自らの老い(加齢)を率直に受け入れ、心身ともに健康で生きがいを持って、
たとえ、加齢による劣化を感じることがあっても、

それを、生を受けた者の一人として”いまの自分だけ”に与えられた
使命として迎え入れられる心構え(覚悟)を持つというような解釈が成り立つと思う。

当サイトは、その考えに賛成で、加えて、「幸せな老い」という言葉に対しては、
あえて、「幸せな人生」と置き換えたい。さらに、
「幸せな老い」の「老い」ではなく「人生」とさせていただきたい。
「老い」という言葉がどうにも、ネガティブな印象を持った言葉として感じるからだ。
生きがいを含んだ人生とした方が、肯定的で良いと思う。

と言って、
高齢化ということばかりに目をむけるのではなく、「サクセスフルエイジング」に対しては、
もっと一般的で流行にさえなっている「アンチエイジング」の概念があるが。
幸せな人生・サクセスフルエイジングの考え方は、
そこで無理に違和感を感じるような若作りを目指すのではなく、

むしろ自然の加齢に対しては、抗う(アンチ)のではなく、
むしろ加齢による”いまある自分”を受け入れて、
そこから良さを相応の魅力を自分の中から気づき見出していくことに対しては、
前向きでありたい。

幸せな人生だと思えるためには、その基本として、自らの健康に気遣うということは、
大切であり、当サイトでは、健康づくりに対しては、
日々、前向きにその情報をポジティブリストとしてシェアしていきたい。

年齢を受け入れるということでは、ただ後ろ向きに、いわゆる「老け込む」のではなく、
むしろ「アンチエイジング」の概念の良いものは、バランス良く取り入れつつ、
積極的に受け入れ、幸せな人生・サクセスフルエイジングを、
より充実させ加算していくようなものについては、
サクセスフルエイジングより実践できるようご案内させていただきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする