どのようにして200あった高血圧を、120に下げられたのか

前回の記事(とある”勝った”感 =「黒酢」を飲み続けた2か月間の結果)で、
高血圧治療で通い始めた病院で、初回に測った血圧(夕方だった)は、

収縮期200 拡張期 90代後半
だったことをお伝えした。(あまりの収縮期の血圧の高さに動揺してしまったので。
そのため、拡張期の数値は、覚えようとさえしなかった。90代後半はうる覚え。)

さすがに、まずいと思った。
知人の女性のご主人が、脳卒中で半身マヒになったことを
聞かされていたので、他人ごとではないと感じた。

はっきり覚えていないが、
近くの病院(クリニック)に通ったのは、2016年の秋ごろだったと思う。

これを機に、アイミクスLDを処方され、
一時血圧が、収縮期130代 拡張期 80代後半程度になった。

そして、
2017年の勤め先の健康診断の受付では、高血圧症であること、
降圧剤のアイミクスの処方を受けていることを告げた。

その健康診断では、これまで病院(クリニック)では、
収縮期が130を下回ったことがなかたのに、
血圧を測ると、
収縮期128    拡張期 81だった。見事、「正常値」をクリアした。
内心ほっとする。

しかし、定期的に病院でアイミクスLDを処方され飲んでいても、
一時期、140代後半になったことがあり、
内科医も、「うーん…」と、モニターのデータを眺め、
今度は、強く、値段ずっと高い アイミクスHDを処方された。
それでも、数値は、収縮期が130以下を下回らない。拡張期も80代だった。

その頃から、降圧剤は、一生ものだというネットの情報を受け取って
いたこと、事実、担当医も、
それを否定しない。「下がらなければ、そうだ。」という。

降圧剤についての副作用の悪い噂も、同様に、ネットから掴んでいたので。

自分で、何とかしないといけないと思うようになった。(2018年4月頃)

ネットには、いろいろと良い情報もあふれている。

「ためしてガッテン」や林先生の「今でしょ」などの動画も、
熱心に見た。
そこで、「黒酢」や「鯖」がどうやらいいらしいと知り、
試してみようと思った。

ちょうど、あと2か月ほどで、2018年6月中下旬に健康診断がある。
たまたま、アイミクスHDの薬がなくなり、薬をもらいに病院に行かないと
いけない時期だった。

多少は、賭けみたいな部分もあったが。「黒酢」や「鯖」を試した。

どのようにしたかを、以下に述べようと思う。

まず、朝、サバ缶の蒲焼を1缶食べてみた。
というのは、
正直、魚嫌いだったのだ。

あの生臭い感じが、「苦手だ!」と思っていた。
そこで、抵抗のなさそうな、蒲焼を選んだ。

ところが、
このサバ缶の味が良くて、
「あれっ。イケるじゃん。」と思った。
2-3日続いたが。やはり、それでも、
缶を開けたときのサバの切り身の姿が、「ちょっと苦手」だった。
いまでも、ブツ切りのサバ缶の姿は、苦手だが。だいぶ慣れた。
それでも、なんとか、食べ、もっと抵抗の強い。サバ缶の水煮にも挑戦した。
これも、当初は、思っていたよりは、ずっと味がいいじゃないかと思った。しかし、
蒲焼の方が、食べやすかったが。水煮は、生臭さを感じるようになって、

2週間後ぐらいか。みそ煮に変えた。これは、かなり行けた。
続けられそうだった。

この朝食のときに、
「血圧が高めの方に 黒酢ドリンク」を飲んだ。
黒酢は、一日15ccでいいと言う情報を受け入れていたので、
そのドリンクを60mlのグラスに3分の一程度に入れて飲んでみた。
しかも、ハチミツを加えてだった。

実は、この黒酢は「ドリンク」とあるように、純粋な黒酢ではなかったのだ。それを知らずに、10日ぐらいそれを守った。
ふと、このボトルをよく見ると、
一日に飲む量は、100mlと書いてあった。全然少なかったのかと、初めて気づいた。
このボトルには、しかも、10日缶が目安だとあるのに、
ずっとちびちびやっていたのだ。気づいてからは、
60mlのグラスに2-3杯飲むようにした。
そんなことが1カ月ほど続いて、

純粋な黒酢を60mlのグラスに3分の1ほど入れて、
そして、黒酢ドリンクで薄めて、これを2-3杯飲んでいる。

2か月間の毎日の食事=1日の食事の仕方を書いておこう

朝、 サバ缶 1
オリーブ油のパン2枚
納豆 1パック
バナナ1本程度。
黒酢ドリンク + 純粋な黒酢 (2杯)

パンには、ハチミツ(アルゼンチン産)か、
溶けるスライスチーズをのせる。

—————————————-
昼、 13:00過ぎ
オリーブ油のパン2枚
バナナ 1-2本

パンには、ハチミツ(アルゼンチン産)か、
溶けるスライスチーズをのせる。

—————————————–
夕方 なるべく16時(17時になることも)

納豆 2パック
バナナ1本か、オリーブ油のパン1枚

ときどき 黒酢ドリンク + 純粋な黒酢 (1杯)

納豆は、夕方が良いと知り、夕方2パック。
睡眠は、なるべく10時頃に寝るようにした。

4月に、このメニューを実践してから、体重が落ちた。
病院で測ったとき、体重は、83(衣類を着て)あった。
なんとなく、お腹周りがスッキリしだした。ベルトも余ってきた。

これは、現在も続けている。

そして、6月29日、健康診断に臨んだ。
アイミクスを飲んでいないし、血圧も測っていないので、不安があった。

会場にいくと、落ち着かせてほしいと検査員に告げて、
検査票には、高血圧と書かれいる。
いま薬は飲んでませんよと告げて。
5分以上待たせた。
高ければ、再度、測らせてもらえばいいと気楽に腕を出した。

すると、
なんと、なんと、血圧は 収縮期が120 拡張期が 71だったのだ。

思わず、検査員に言った。「理想的じゃないですか…!えー!」と、
ニンマリした。
検査員も「どうしてですか…」というので、

「酢を飲んでます。黒酢ね。飲んでます。サバ缶も、ね!」

所定の検査を終えて、
高齢なドクターの問診を受けた。

血圧の数値を見て、驚いていた。
「酢を飲んでます。黒酢を。サバ缶もね」と、ここでも自慢げに告げた。
ドクターは、興味深そうに、「そんなに良いかい」と尋ねてきたので、

結果が出ているじゃないですか。

食事は、ずっと、この食事を続けている。多少は、変則になることもあるが、
原則は、ほぼ上記のとおり。

以前は、インスタントのラーメンなどをよく食べた。
スナック菓子なども食べた。
それが、いまでは、まったく手が出ない。
食事も軽めだが、ほとんど足りないという感じはない。

朝は、やや昼前までに、ちょこと足りないという感じも、
ときにはあるが、食べないようにしている。

食事は、今後、何か、違うものも食べたりするかもしれないが、
それでも黒酢とサバ缶、納豆は食べ続ける。おそらく
原則のスタイルは、変わらないだろうと思う。

バナナを食べたり、ハチミツを食べたりで、食事に変化をもたせているので、
当面は、このままで行けそうだ。
7月後半には、健康診断の結果が出るので、
2014年から、2018年までの結果を公開してみたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする